2006年 01月 31日 ( 1 )

水頭症の疑い

主治医から説明を受けた。

2週間経って、一つ目の壁/術後の経過、二つ目の壁/血管を広げる点滴24時間、を超える事が出来たのですが、まだうわごとを言っているので、もしかしたら水頭症(頭に水がたまり脳内の圧力が上がっている)の恐れがあるとの事。
今日明日で脊髄から髄液を30cc抜いて、症状が改善するようであれば再手術、効果がみられなければ、血管が破裂した時のダメージでリハビリして回復していく事が必要だと言われました。

能力テストみたいなのがあるらしく、母にやってみたら、30点満点中10点だったそうです。

及第点が22点らしく、人の認識は出来るのですが、日付の感覚や夢と現実の区別がついていないようです。

三つ目の壁がとても心配です。
リハビリとなると家庭での記憶を取り戻すのが一番の薬だと言われていました。

今を思えば、倒れた時に、学校でまわりに人がたくさんいたから発見も早く、命に別状がなかったのが不幸中の幸いと。

学校に居たすべての人に感謝する。
[PR]
by ofukuro-uchujin | 2006-01-31 19:36 | 経過報告