水頭症の疑い

主治医から説明を受けた。

2週間経って、一つ目の壁/術後の経過、二つ目の壁/血管を広げる点滴24時間、を超える事が出来たのですが、まだうわごとを言っているので、もしかしたら水頭症(頭に水がたまり脳内の圧力が上がっている)の恐れがあるとの事。
今日明日で脊髄から髄液を30cc抜いて、症状が改善するようであれば再手術、効果がみられなければ、血管が破裂した時のダメージでリハビリして回復していく事が必要だと言われました。

能力テストみたいなのがあるらしく、母にやってみたら、30点満点中10点だったそうです。

及第点が22点らしく、人の認識は出来るのですが、日付の感覚や夢と現実の区別がついていないようです。

三つ目の壁がとても心配です。
リハビリとなると家庭での記憶を取り戻すのが一番の薬だと言われていました。

今を思えば、倒れた時に、学校でまわりに人がたくさんいたから発見も早く、命に別状がなかったのが不幸中の幸いと。

学校に居たすべての人に感謝する。
[PR]
# by ofukuro-uchujin | 2006-01-31 19:36 | 経過報告

冷蔵庫が好き?

母は、料理を作るのは得意だ。 入院前は、人に作ってやったり、持っていってあげたりして、とにかく料理で人を喜ばせるのが好きな人だ。

病院での会話はいつも食べる事ばかり。

「冷蔵庫にケーキがあるの持って帰りんさい」

「ここの冷蔵庫にプリンがあったじゃろ あれ食べんさい」

病院には冷蔵庫は無いのです。

私「ここには冷蔵庫が無いんよ。」 

母「あ〜そうじゃったかいね〜」

すこししたら、また

母「そこの冷蔵庫の食べたんかいね〜」

とまあ、こんな感じで繰り返しである。

話しているうちに段々微笑ましくなって来た。
[PR]
# by ofukuro-uchujin | 2006-01-24 17:04 | 宇宙との交信

なんのはなし?

今日はおふくろも起きていて、話が出来そうだ。

私「気分はどんな?」

母「頭が痛いんじゃが、血が足りんけーとってきてーや」

私「???」

母「血がたらんけー、○○さんから分けてもろうて来んさい」

私「???○○さんてだれ?」

母「おったじゃんね〜わからんのんね。つまらんね〜」

チンプンカンプンな会話がはじまった。

どうやら夢と現実の境目が無くなり、突拍子も無い事を言い出すようだ。

今は、脳を休めてくれとの主治医の指示もあったので、うんうんとうなづく事にしよう。

これから、母が宇宙との交信を始めると思って、楽しんで行こうと思う。
[PR]
# by ofukuro-uchujin | 2006-01-21 16:57 | 宇宙との交信

術後 翌日にはおかゆ

手術が終わって翌日、お昼に様子を見に行く。

そうすると、ご飯がもうでていて、おかゆに煮魚、柔らかいおかずが出ている。

こんなにももう回復したのか?

おふくろは口を少しつけたくらいで、頭が痛いと横になっている。

声をかけると私が誰であるかは認識出来ているみたいだ。

とりあえず、安心して病院を去る。
[PR]
# by ofukuro-uchujin | 2006-01-19 12:48 | 経過報告

学校へ挨拶

子供たちの通っている小学校の校長先生に報告も含めてお礼の挨拶に行く。

校長先生は女性の方で、とても気配りのできた方である。

父と2人で学校へ。

無事手術が終わった事を報告。

当分の間は、親族のみの面会で、完全看護体制である事。

母が倒れた時に周りに居てくれた方々、学校側の迅速な対処に感謝している。

本当にありがとう。
[PR]
# by ofukuro-uchujin | 2006-01-19 12:48 | 近所の方々

検査〜緊急手術

病院に到着後、1時間くらいで父が到着。

先生の話を2人で聞く。

どうやら、くも膜下出血の疑いがあるので、「クリッピング」という手法で、破れた動脈瘤を金属のクリップで挟んで止める手術を行うらしい。

学校の校長先生も心配されて来ていただいたのだが、すぐさま手術ということもあって、挨拶もままならないまま控え室へ。

続きはこちら・・・
[PR]
# by ofukuro-uchujin | 2006-01-18 13:30 | 転機

母倒れるの電話〜病院へ

仕事をしていると一本の電話が。

「おばあちゃんが学校で倒れたんよ! いってみて!」

それは、別れた元妻からの電話だった。

子供たちの学校の参観日に行けない元妻にかわって、おふくろが孫たちの参観日に行ったらしい。その時、学校の玄関で倒れたので、みんなが異変を察知して、救急車を呼んでくれたようだ。と同時に元妻の方に連絡が行き、こちらへと繋がったようだ。

学校にほど近い所が職場な私は、走って学校まで駆けつけた。

続きはこちら・・・
[PR]
# by ofukuro-uchujin | 2006-01-18 10:30 | 転機